会社の種型

会社全般の類型ですが、現在の会社の類型は、「株式会社」「有限会社」「合名会社」「合資会社」の4つに分かれております。

 

新会社法では、「株式会社」と「持分会社」に分かれます。

 

「持分会社」とは、「合名会社」「合資会社」「合同会社(LLC)」の事を言います。

 

有限会社については、「特例有限会社」として株式会社の中に取り込まれます。

 

現行商法での類型

新会社法での類型
(大分類)

新会社法での類型
(小分類)

株式会社 改正 株式会社 株式会社
有限会社 改正 株式会社 特例有限会社
合名会社 改正 持株会社 合名会社
合資会社 改正 持株会社 合資会社
新設 持株会社 合同会社(LLC)

株式会社の大きさによる類型

株式会社には、2種類の類型があります。

 

ひとつめは、大きさによる類型です。

 

現在の商法では、「大会社」「中会社」「小会社」という3つの類型があります。

 

新会社法では、「中会社」「小会社」がひとつになり、「大会社」「大会社以外」という2つの区分となります。

 

各区分の定義の内容に変更はありません。

 

旧類型 定義 新類型
大会社 資本の額が5億円以上、あるいは負債総額が200億円以上 大会社
中会社 負債総額が200億円未満で、かつ資本の額が5億円未満から1億円 大会社以外、中会社
小会社 負債総額が200億円未満で、資本の額が1億円以下 大会社以外、中会社

株式会社の株式譲渡制限による類型

株式会社には、その保有している株を自由に他人に売買する事が出来る会社とそうでない会社があります。

 

この制限に関しては、以前の会社法においても存在しておりましたが、新会社法では、株式譲渡制限の無い会社を「公開会社」とし、株式譲渡制限のある会社を「非公開会社」と呼びます。

合同会社(LLP)とは

新会社法で、新しい会社形態として合同会社(LLC/Limited Laibility Companay)という新しい会社定義が誕生しました。

 

株式会社と同様に、出資の範囲内で責任を取る有限責任の会社となります。

 

合同会社の要点は、

 

@出資者1名でも設立可能
A有限責任であり、自由度が高く、合名会社に似ているが出資の範囲でのみ有限責任
B株式会社と比較して、規律が少なく、出資者による内部自治が高い。社員の権利内容等が出資比率に拘束されない。

有限責任事業組合(LLP)とは

会社ではなく組合という位置付けですが、有限責任事業組合(LLP/Limited Laibility Partnership)というものが出来ました。

 

特徴としては、

 

@構成員課税
A出資額に拘束されない損益の分配

トップへ戻る