新会社法

平成18年5月1日から新しい会社法が施行されました。会社法と言うのは商事法のひとつでありまして、会社について規定をする法律の事です。

 

なぜ既に定められている法律を改正するのでしょうか?法律と言うのは、その時代の社会情勢に適合しなければ意味をなしません。

 

様々な規制緩和等社会情勢は変化しておりますので、その状況に合わせて最適と思われる無いように変更して行くことによってより良い社会を作る事が出来るのです。

 

また、古い表現や語彙などが使われており、現代の人には理解しにくい内容もありましたので、より容易に理解できるように同時に語彙の表記も変更されています。

 

昨今、株式、債券、為替などの金融商品等の実体経済でない部分に経済が振り回されている部分があります。会社法などの整備によって、本当の意味の経済が発展して、益々強い経済国家となる事を願っております。

トップへ戻る